日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー10周年記念事業
日中小大使10周年同窓会

日中小大使10周年同窓会

日中小大使10周年同窓会について

日中平和友好条約締結40周年外務省日中平和友好条約締結40周年記念事業

日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー10周年記念事業
日中小大使10周年同窓会について

日中小大使10周年同窓会

日中平和友好条約締結40周年並びに、日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー(以下本プログラム)10周年にあたる2018年、本プログラムの歴代の参加者、関係者を一堂に会し記念事業を日本で開催します。

本プログラムの10年の歩みを振り返るとともに、世代を超えた同窓生同士の交流を促進することで、未来に向けた日中関係を考えるさらなる機会の提供と、ネットワークの構築を目指します。

日程 : 2018年7月15日(日)~18日(水)

日中小大使10周年記念講演

日中関係の重要性を理解してもらう目的で記念講演を実施する。

日時
2018年7月17日(火)
午後13時00分~17時00分(予定)
場所
よみうりホール
日中小大使10周年記念
同窓会パーティー

歴代日中小大使(約700名)、両国政府関係者、学校関係者、イオン関係者等を招き、10年継続の喜びを分かち合うとともに、次なる10年に向けた決起の場とする。

日時
2018年7月17日(火)
午後18時30分~20時30分(予定)
場所
帝国ホテル 孔雀の間

2009年~2017年までの
日本 中国 ティーンエイジ アンバサダーの歴代参加者
1,064

日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー(高校生交流事業)について

ティーンエイジ アンバサダー1

「ティーンエイジ アンバサダー」事業は、日本と海外の高校生が互いの国を相互に訪問し、政府訪問などの「大使活動」、授業体験やホームステイなどの「交流活動」、文化遺産への訪問や伝統文化を体験する「歴史・文化活動」を通じて、両国の歴史や文化を理解し、親交を深める交流プログラムです。

1990年より毎年実施しており、これまでに日本を含む18ヵ国2,438名が参加しています。

ティーンエイジ アンバサダー2

中国との「ティーンエイジ アンバサダー」事業は、2009年に行った北京市との交流において、同市政府ならびに両国の参加生徒から高い評価を受けました。

以来、中国外交部や北京市政府、在日中国大使館などの協力のもと、日中間のさらなる友好親善に寄与すべく、武漢や青島にも交流エリアを拡大し、毎年実施しています。

これまでに、日本と中国から合計1,200名の高校生たちが小さな大使として友情の絆を築いてきました。